賃貸物件管理の外注 | 投資物件のアパートで彩のある生活が手に入る

投資物件のアパートで彩のある生活が手に入る

電卓と住宅

賃貸物件管理の外注

賃貸物件運用の利点

マンション

日本は少子高齢化時代を迎え、超高齢化社会に突入しています。国の財政状況も厳しく、年金の支給額が減らされたり、支給年齢が繰り下げられるなど、将来の生活に対する不安があります。昨今の異次元の低金利により銀行にお金を預けていてもお金が殖えることはありません。そこで、自分でお金を運用して、老後の生活資金を蓄えることが求められています。この一つとして、賃貸物件を購入し、これを人に賃貸することで収益を得る方法があります。賃貸業を専門にしている場合は別ですが、たいていの場合は、一般のサラリーマンが安定した副収入を得るために行います。このため、本業を抱えながら、賃貸管理をするのはなかなか大変な負担がかかります。そこで、専門業者に賃貸管理を委託することが考えられます。

賃貸物件管理の委託

かつては、マイホーム志向が高い傾向にありましたが、最近は、持ち家よりも賃貸住宅と考える人も増えています。地価の下落により住宅を資産として保有することのメリットが相対的に低下したことや不況によるローン支払いへの不安などがその背景にあります。また、関東圏などは、2020年のオリンピック開催に向け、様々な公共事業が考えられますので、賃貸住宅への需要が高まることが予想されます。賃貸物件の専門業者に賃貸管理を委託することで、家主に代わって募集から家賃集金、入居中のトラブルへの対応フォロー、退居に至るまで、家主が入居者に対して行うサービスなどを代行してくれます。もちろん賃貸管理に係る委託料は発生しますが、収益のいい物件を選択することで、早期に費用を回収することもできます。