双方にメリットがある | 投資物件のアパートで彩のある生活が手に入る

投資物件のアパートで彩のある生活が手に入る

電卓と住宅

双方にメリットがある

借主側におけるメリット

集合住宅

アパートなどで部屋を借りようとする時、親や兄弟を連帯保証人にすることが難しいことがあります。連帯保証人を立てることは、家賃債務保証ための重要な要素となっていますが、厳しい時には保証会社を頼ることになります。高齢者や障がい者、さらに一人暮らしを行っている人も連帯保証人を立てることができないことがあります。そんな時に家賃債務保証ができるように、保証会社がサポートを行っています。家賃債務保証に対応している保証会社を利用する際には、借主の収入であったり社会的信用によって部屋を審査の上で、保証が認められていくのが一般的です。なかなか連帯保証人を探せない時には、保証会社を頼って見つけていくようにしましょう。場合によっては不動産の管理会社で保証会社を子会社で経営していることもあるので、物件の詳細を確認してみるのも大切です。

貸主側におけるメリット

家賃が不払いとなってしまった場合、貸主は家賃債務保証に対応している保証会社にリスクを軽減してもらうことができます。これが貸主が家賃債務保証を利用する最大のメリットとなっています。通常の連帯保証人以上に、滞納金を支払ってもらえる可能性が極めて高くなります。さらに滞納している家賃を請求していくために、法的な手続きなどを行うこともありますが、家賃債務保証に対応する保証会社が実質的に代行しています。借主の連帯保証人となっているので、家賃を滞納している時に連絡を入れることができます。一定期間は家賃を支払ってもらえるので、急な家賃収入減になることがありません。不動産管理を行う際にも適しているサービスだと言えるでしょう。